持ち家を持つという事

友人から来た葉書で、彼女がついに分譲マンションを購入したということが分かり、住まいに遊びに行きたくなりました。

住まいを購入した昔からの友人

年賀状や暑中見舞いなどで、葉書のやり取りをする時に、「引越ししました」というメッセージが書かれていることがあります。先日あったのは、主人と私の共通の友人で、お互いの結婚式にも参加した人が、元々住んでいた住まいの近くに引っ越したというものでした。結婚してからずっと、便利な都会の賃貸マンションにご主人と住んでいたのです。確かに書かれている住所が変わっていて、そこにはマンション名もありましたが、引越しした旨だけを控えめに書いてあったので、引越し先が賃貸マンションなのか、分譲マンションを購入したのか分からず、ちょっと気になってネットで検索してみました。

すると、駅前のタワーマンションで、高い部屋だと一億円に届くような、高級なマンションであると分かりました。お手頃な中古の部屋でも、四千万円くらいはしそうです。ついにマイホームを買ったんだ、すごいなぁと驚きました。私たち夫婦の住まいは、郊外の一戸建てですが、都会の真ん中のタワーマンションに住むのも、また別の魅力があって楽しそうです。お部屋からの眺めもきっと素敵だろうなぁと思うので、厚かましいですが、できれば夫婦で遊びに行かせてもらいたいなぁと、こっそり期待しています。
Copyright (C)2017持ち家を持つという事.All rights reserved.